2018.09.06:防災の日の集い


今日は避難訓練の後に

防災の日の集いがあり、

災害について話を聞いたり、

紙芝居を見ました。



地震の時は大事な頭を守ろう

ということで、

だんごむしのポーズを覚えました。



クリックで拡大



地震でガラスの破片などが

落ちているところを

避難できるかということで、

卵の殻をガラスの破片に見立てて、

踏んでみる疑似体験をしました。

「痛かった!」

という感想が多く、

避難靴をはいてみたらどうかな?

ということで、やってみると、

「痛くなかった!」

と言っていました。



本物のガラスの破片を踏むと

怪我をしてしまいます。

避難する時は

必ず靴やスリッパなどをはいて

避難した方がいいことを覚えました。



クリックで拡大



また、

非常持出袋の紹介を聞いたり、

水を入れて

非常食のおかゆを作る様子も見ました。



電気やガス、水が

止まってしまうと大変ですね。

突然やってくるかもしれない

災害に備えましょう。



クリックで拡大



最後に災害のクイズにチャレンジしました。



地震や火事が

いろんな場面で起こってしまいます。

そんな時どうしたらいいかな?

と、考えて行動をしていました。

みんなじょうずに避難していましたよ!



クリックで拡大

クリックで拡大



給食やおやつも

災害が起きた時を想定して

非常食を食べました。



きりん、くま、ぞう組は、

テーブルがなく、

いつものお皿ではないので

食べにくそうにする友達もいましたが、

災害時の食事について

考えることができました。



クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大



この機会に、

ご家庭でも防災について

再確認してみてくださいね!






Topics!へもどる
トップへもどる



a:126 t:1 y:0

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK