2022.09.16:カブト虫の卵と幼虫 ぞう組


夏に生まれて、

みんながお世話や観察をしながら

大切に育ててきた

カブトムシが天国に行ってしまい、

お墓を作ってあげたい、

という子どもたち。

みんなでお墓を作り、

「天国にいけますように」

とお祈りしました。

そのカブトたちを入れていた土の中を見ると、、

なんとカブトたちが産んだ卵が!!

もうすでに幼虫になっているものもいました!

春にいただいた幼虫は大きな

「3令幼虫」

でしたが、発見したのは、

生まれたばかりの「1令幼虫」でした。

新しい命が誕生していたことや、

命がつながっていることに、

子どもたちも保育士も

とても嬉しく感じました!!

どうやって育てるんだろ?

エサはいるんかな?

と図鑑で調べるみんな。

これが成虫になるころには、

ぞう組さんは小学生かな?

「持って帰って育てたい」

「来年のぞう組さんに育ててもらったらいたい!」

「先生が育ててあげたら?」

などみんなで話していました。

これからみんなで

成長を見守っていきたいと思います♪



クリックで拡大

クリックで拡大








Topics!へもどる
トップへもどる



a:99 t:1 y:0

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK